スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不眠症における入眠困難改善薬ロゼレムの承認を了承(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医薬品第一部会は1月29日、武田薬品工業の「不眠症における入眠困難の改善」を効能・効果とするロゼレム錠(成分名ラメルテオン)の製造販売承認の可否など3品目について審議し、承認することを了承した。ロゼレムは既に米国など4か国で承認されている自然睡眠を誘導するメラトニン作動薬。厚労省の担当者は「既存薬に比べて作用が穏やかで、ふらつきの副作用が少ないため、最初に使用する薬になり得る」と話している。

 新有効成分はロゼレムのみ。それ以外では、日本アルコンの緑内障・高眼圧症治療薬デュオトラバ配合点眼液(トラボプロスト/チモロール)の製造販売と、田辺三菱製薬の関節リウマチ治療薬レミケード点滴静注用(インフリキシマブ)の「既存治療で効果不十分な強直性脊椎炎」の効能・効果の追加の承認を了承した。ロゼレムは、既存の不眠症治療薬とは異なる新しい作用メカニズムを持つため、3月の薬食審薬事分科会でも再度審議される。


【関連記事】
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定
生活習慣病領域でOD錠が増加
高中性脂肪治療薬の国内フェーズ3試験を開始―武田薬品
タケプロンに効能追加申請―武田薬品
酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品

元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑-神奈川県警(時事通信)
近江屋氏、自民党離党へ (産経新聞)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練(産経新聞)
<雑記帳>節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)
スポンサーサイト

<潜水艦事故>おやしお艦長ら不起訴 鹿児島湾で漁船と接触(毎日新聞)

 鹿児島県霧島市の鹿児島湾で09年1月に起きた海上自衛隊の潜水艦「おやしお」(2750トン)と漁船(4.5トン)の接触事故で鹿児島地検は28日、業務上過失往来危険容疑で書類送検された当時の艦長ら男性3人を不起訴(起訴猶予)処分にした、と発表した。「双方の船の損傷が軽微だったことなどを考慮した」としている。

 不起訴となったのは当時の艦長(44)のほか、当直士官だった哨戒長(45)と全地球測位システム(GPS)で艦の位置を確認していた航海員(26)。

【関連ニュース】
あしあと:’09鹿児島 1~4月 /鹿児島

秋葉原殺傷 加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)
<訃報>影山文朗さん90歳=元豊年製油会長(毎日新聞)
<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)
小沢氏進退「世論見て判断」=仙谷担当相(時事通信)
小沢氏聴取控え「積極的に説明を」 与野党から注文相次ぐ(産経新聞)

作家・佐々木譲 北方領土「2世には生活の問題」(産経新聞)

 【話の肖像画】辺境より(中)

 --北海道に住んでいることは、作品にどう反映されていますか

 佐々木 自分が生きてる場所から、視点や題材、これを書いてやろうと思うものを発見することが多いですね。

 --場所は重要な要素

 佐々木 北海道でも、それ以外の土地でも。いま単身赴任のような感じで、妻子は東京の谷中(やなか)に住んでいます。「警官の血」という作品では、存分に東京の地元感を出したつもりです。

 --合点がいきました。でも単身赴任は寂しいですね

 佐々木 女房に言わせると私、書いてる間は人間じゃなくなるらしくて(笑)。ささいなことにいらだつし、集中を切らされると怒る。元気で仕事してくれればいいということのようです。

 --親御さんが択捉島出身ですね。道東に住まいを定めたことと関係はありますか

 佐々木 いま思えば、風景や風土に惹(ひ)かれていたという気がしますね。ほんの数キロ走れば高台から国後島が見えます。自分のルーツは東の方にあると意識していたんで、仕事場を決めるとき、自然に場所を選んでいたように思えます。

 --択捉島についてはルポも書かれていますね

 佐々木 島民2世として行くことが多かったんです。3年前に初めて政治的な運動をしている人たちと行ったんですが「500年かかっても取り返す」といわれて、なんだかずれてるな、と感じました。

 --というと

 佐々木 500年解決しなくてもいいんですか、と言いたくなる。島民2世には、目下の問題なんですね。家族が墓参りにもいけない。行き来の自由ぐらいはすぐに何とかならないのか。私たちにとって北方領土は理念の問題ではないんです。

 --次の予定は

 佐々木 行こうと思えば毎年でも行けるんですけど、時間が取れない。次はいつになるかわかりませんが、ルポやエッセーを求められれば書きますし、写真も提供しますよ。(篠原知存)

【関連記事】
【話の肖像画】辺境より(上)作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった
直木賞の佐々木譲氏、「廃墟に乞う」で組織と個人の対立描く
ベストセラー「笑う警官」映画化 原作者、佐々木譲さんに聞く
直木賞に佐々木譲さん、白石一文さん
芥川賞・直木賞 選考過程、講評を紹介

<大寒>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
首相「不起訴望む」発言、民主党内にも波紋(読売新聞)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)

今春の花粉飛散量 例年並みか少なめ(産経新聞)

 環境省は、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測(確定)を公表した。昨年末に発表した速報と同じく、飛散量は全国的に例年並みか例年よりも少なくなる見通し。昨夏の日照不足や低温などが影響した。

 飛散量が比較的多かった昨シーズンと比べると、一部地域を除き、東日本では20~50%程度、西日本では20~60%程度になると予測している。

 スギ花粉の飛散開始日は、東日本では例年より数日から1週間早く、西日本ではやや遅くなる見込み。関東や四国、九州では2月中旬ごろ飛散が始まり、東北南部、近畿、中国は2月下旬、北陸は例年並みの2月下旬から3月上旬、東北北部は3月上旬ごろになりそう。

首相動静(1月16日)(時事通信)
<毎日映画コンクール>09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに(産経新聞)
広瀬遺跡 水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)
将棋 久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局(毎日新聞)

得点調整行わず=センター試験(時事通信)

 大学入試センター(東京都)は22日、センター試験の得点調整を行わないと発表した。同日までの中間集計では、調整対象の科目で最も平均点に開きがあったのは生物Iの69.70点と化学Iの53.78点の15.92点差で、基準の20点を下回った。
 ほかの教科の平均点は、受験者が最も多かった英語の筆記(満点は200点)が118.14点。英語のリスニング(同50点)は29.39点、国語(同200点)は107.62点だった。 

【関連ニュース】
得点調整ない見通し=平均点を中間発表
センター追試972人に
センター追試は961人=インフル、大雪で過去最高
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ
過去問再利用なし=センター試験

「コンクリから人」不適切…土木学会など批判(読売新聞)
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは(産経新聞)
<私立中入試>近畿でスタート 不況で倍率低下(毎日新聞)
<SL>「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点-名護市長選(時事通信)

足立区でまた学力テスト不正、生徒に誤り指摘(読売新聞)

 東京・足立区は22日、今月15日に実施された都の学力テストで、区立竹の塚中学校の男性教師(41)が生徒に解答の誤りを指摘するなど、不正な行為をしたと発表した。都教委はこの教師の処分を検討している。

 区教委によると、1年生の数学のテスト中、試験監督をしていた教師が、生徒3人に誤った解答を指さし、「答えを確認したのか。解き直した方がいいんじゃないのか」などと指摘。誤った図形を書いた別の生徒には「出題された図形を理解しているのか」と尋ねたという。

 都に17日、「教師が答えを教えた」というメールが届いて発覚。男性教師は事実を認め、「生徒の実力を発揮させたかった」と話している。

 足立区では、2006年の都や区独自の学力テストでも、小学校ぐるみで児童の解答の間違いを指摘する不正が発覚しており、区教委は「適正な試験が行われるよう繰り返し指導しており、大変遺憾」としている。

<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
バイク酒気帯び運転 高校職員停職1カ月(産経新聞)
<低額宿泊所FIS>新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
恐喝容疑 出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)

検察に“圧力”、報道を批判…民主の言動過熱(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、党内を中心に、検察の捜査や報道を批判する動きが強まっている。

 野党などからは「党ぐるみで小沢氏を擁護するのは常軌を逸している」という指摘が出ている。

 この問題では、民主党の石川知裕衆院議員の逮捕に批判的な同党の同期議員が会を結成するなど、検察への「圧力」とも取れる動きが出ていた。読売新聞が20日、「石川容疑者が『土地購入に充てる現金4億円を政治資金収支報告書に記載しない方針を小沢氏も了承していた』と供述した」と報じた後、こうした言動は一段と激しくなっている。

 新党大地の鈴木宗男代表は21日、小沢氏を支持する民主党衆院議員グループ「一新会」の定例会合に出席し、検察や報道への批判を展開した。鈴木氏は石川容疑者の弁護士から聞いた話として、「(石川容疑者は)『そんなことは言っていない』と明確に否定した」などと語った。

 会合には、階猛総務政務官を含む約30人が出席した。同会の事務局次長を務める松木謙公衆院議員は会合後、記者団に、「役所(法務省)の中で『誤報だ』と明確に言っている。会合では(石川容疑者の)釈放要求の発議の話も出た」と語った。

 21日の衆院予算委員会では、民主党の伴野豊副幹事長が「『読売新聞が誤報であった』と法務省刑事局が答えているということだ」と千葉法相に事実関係をただしたが、法相は「問い合わせに対して『誤報』だというようなことを回答したことはない、と承知している」と否定した。

 委員会終了後、読売新聞が伴野氏に質問の経緯や根拠を明らかにするよう求めたのに対し、伴野氏は「情報ソースについて明らかにすることはできない」と文書で回答した。

 こうした民主党の姿勢には、厳しい批判が出ている。

 自民党の額賀福志郎・元財務相は21日の額賀派総会で、「与党としての見識がまったく欠如している。自民党はスキャンダルがあっても、露骨な検察批判、マスコミ批判をしたことはない。成熟した民主主義国家の政党のあり方かと疑問を呈さざるを得ない」と述べた。自民党の高村正彦・元外相も高村派総会で、「検察の暴走の100倍くらい、政権与党の暴走が心配される事態だ」と指摘した。

 政府関係者や与党幹部が個別の捜査に言及すれば、適正で中立な捜査に対する圧力となりかねない。報道の規制は、憲法に明記された言論の自由を侵すことに直結する。1999年には、中村正三郎法相(当時)が法務省刑事局長に捜査を指示したなどの問題が追及され、辞任に追い込まれたケースがある。

首相「聴取受けるかは小沢幹事長の判断」(読売新聞)
<雷保護装置>発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及-守秘義務に触れる? ・大阪(時事通信)

ストーカー殺人現場から出火か 新橋、13棟焼ける (産経新聞)

 17日午前6時15分ごろ、東京都港区西新橋の建物から出火、火元とみられる木造モルタル2階建て空き家など計13棟、約562平方メートルが焼けた。この火事で女性(33)が煙を吸い込み、のどの痛みを訴えたが軽症。警視庁と東京消防庁で出火原因を調べている。

 警視庁によると、出火元とみられる空き家は、昨年8月に耳かき店従業員の女性=当時(21)=と、祖母=同(78)=の2人が常連客の男に自宅で殺害された現場で、事件以降は空き家となっていた。警視庁は不審火の可能性もあるとみている。

 現場はJR新橋駅から西に約500メートルの繁華街の一角。近所の男性(68)は「ビル5階くらいまで火柱が立ち、空が明るくなった。怖くなり、自分の家に水をまいた」と話した。

【関連記事】
記者は見た!「耳かきエステ」一斉摘発 仰天サービスの実態は…
違法耳かきサービス店を一斉摘発 神奈川県警
重体だった孫の「耳かき嬢」が死亡-新橋女性殺傷事件
新橋ストーカー事件の女性死亡 初の裁判員「死刑」判断も
新橋の耳かきストーカー男 殺人罪などで起訴

大阪・槙尾川ダム 「100年に1度の大雨」想定なら 総事業費866億円(産経新聞)
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕-警視庁(時事通信)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)
<訃報>高野耕一さん85歳=元東京高裁部総括判事(毎日新聞)
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相(産経新聞)

釈放の3人は不起訴 茨城・牛久の強盗致死事件(産経新聞)

 茨城県牛久市で平成7年1月、飲食店兼ホテル経営、松田行雄さん=当時(68)=が自宅で両手を縛られて死亡した事件で、水戸地検は15日、強盗致死の疑いで、昨年12月に逮捕された後、処分保留で釈放された千葉県在住の70代男性3人について、嫌疑不十分として不起訴処分とした。同地検の山下輝年次席検事は「客観的証拠に基づいて判断した結果、有罪となる確信は得られず、公判維持は困難と判断した」と話した。

 事件は7年1月17日午後6時半ごろ発生。松田さんが牛久市南の自宅で、両手を縛られ、うつぶせで倒れているのを妻(74)が発見。松田さんは病院に運ばれたが、翌18日に死亡。自宅からは腕時計(約30万円相当)がなくなっていた。

 県警は70人態勢で捜査に当たったが長期化。だが、昨年、捜査関係者に匿名の投書が複数寄せられ、県警は公訴時効まで43日と迫った12月5日、強盗致死容疑で3人を逮捕した。3人は容疑を否認し、同月25日に処分保留で釈放された。

 県警は「時効までに事件の全容を解明できなかったのは無念。被害者のご冥福を心からお祈りします」としている。

 松田さんの長男の衛さん(47)は「時効で見逃してしまうところに不満がある。真相を明らかにするためには時効の壁がある。被害者や遺族を助けられないのはおかしい。時効を撤廃してほしい」と、悔しさをにじませた。

【関連記事】
「捜査続けてもらえる」望みつなぐ遺族 茨城・牛久の強盗致死
茨城・牛久の強盗致死事件、容疑の3人を不起訴
強盗致死の被告が控訴「予想より刑重い」
時効直前の強盗事件で男ら3人逮捕 茨城
強盗致死容疑で立件へ 板橋の男性拉致事件

11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警(時事通信)
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕-警視庁(時事通信)
福島氏「これは政治資金規正法違反事件なのか、贈収賄事件までいくのか…」 小沢氏問題で(産経新聞)
<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)
受刑者129人が胃腸炎、ノロウイルス検出…宮城(読売新聞)

<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)

 大阪府の橋下徹知事が2月6日に就任2年を迎えるのに合わせ、毎日新聞は大阪府内の有権者を対象に世論調査を実施した。橋下知事を「支持する」との回答は70%。1年前の前回調査(69%)からほぼ横ばいで、依然として高い水準を維持している。ただ支持理由を見ると、「実行力」が最も多い一方で、「政策への期待」は低迷した。調査は16、17両日に電話で行い、1068世帯から704人の回答を得た。

 「支持しない」は8%(前回調査比3ポイント増)、「どちらとも言えない」が22%(同3ポイント減)だった。男女の支持率はそれぞれ72%と68%。支持する理由は「実行力があるから」(41%)「政治のあり方が変わりそう」(33%)など。「政策に期待できる」は16%にとどまった。

 2年の取り組みで評価する点は「財政再建」が突出しており45%に上った。次いで「地方分権」「学力向上」がそれぞれ12%。逆に評価しない点は「イルミネーションなど都市景観づくり」(26%)▽「府庁舎の移転構想」(19%)▽「関西国際空港の活性化」(15%)など。

【関連ニュース】
橋下知事:民主マニフェスト修正を痛烈批判
福島消費者相:橋下知事と激論 ステッカー法的効力で
学力テスト:2011年度から独自に実施 大阪府教委
ワッハ上方:現地で存続へ 橋下知事が方針変更
民間校長採用:「選考は公正」と判定 大阪府教育委員会議

外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)
子供用携帯、都が推奨へ…全国初の「お墨付き」(読売新聞)
センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
漁船不明 10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ(毎日新聞)

民団新年会でのあいさつ要旨(下)中井国家公安委員長「今国会で成立をさせたい」(産経新聞)

 【民主党の中井洽国家公安委員長(日韓議員連盟を代表してのあいさつ)】

 「鳩山内閣で国家公安委員会委員長、警察の監督でございます。パチンコ業界もこの中に入っております中井洽です(笑)。同時に日韓議連のメンバーで、今、森(喜朗)会長のもとで副会長をしています」

 「きょうは森さんがご出席できないということで急遽(きゅうきょ)、私が代理をしていいかよく分かりませんが、一言お祝いを申し上げます」

 「韓国は本当に皆さんの努力で先進国、そして援助する側に回られる。こういう発展を遂げておられることをわがことのようにうれしく思っております。今年1年の一層のご発展をお祈り申し上げると同時に、鳩山内閣におきまして、この5日の閣議で(鳩山由紀夫)総理から『法案に取り組む、参政権の法案に内閣として取り組む、原口(一博)総務大臣が担当で法案つくりを』といわれたわけでございます」

 「いよいよスタートします。立派な法案を作って今国会で成立をさせてさらに韓日、日韓友好親善を増進させていきたい。そんな思いであります。みなさんのご理解、ご協力をお願いを申し上げます。鳩山総理は就任後、最初に韓国を訪れて李明博大統領と会談をいたしました。ご歓迎いただいたことを閣僚の一人としてお礼申し上げる。私は拉致担当大臣として韓国との情報交換ということでお国を訪ねいたしました。大変お世話になったことをお礼を申し上げます」

 「鳩山さんは韓国へいろんな政治的な判断で行かれると同時に、昨日、韓国の俳優と夫婦でごはんを食べてました。奥さんの趣味かご当人の趣味かよく分かりませんが、大変な韓国びいき、韓国好きでございます」 

 【西野陽・自民党副幹事長】

 「実は谷垣禎一自民党総裁が参りましてごあいさつを申し上げるところですが、よんどころなき所用のために大変失礼いたします」

 「私自身も日韓議連の役員をさせていただいており、国家間の相携えての議論をいたし、友好を深めている間柄の一人でございます。私は関西でございまして、大阪でございます。大阪には実は民団の皆さん方が大変多くいらっしゃる。おそらく全国の中で、大阪が民団の方が一番多いのではないかと思っております」

 「(略)わが国から一番近い国は韓国でございます。文字通り、一衣帯水であります。そして今年は日韓の国交が正常化して45周年の節目に当たる年でもあります。こういうときでありますだけに、自由と民主主義を標榜する両国が、新しいアジアの時代を切り開くために相携えてアジアの発展のために尽くす役割があるのではないかと思っております」

 「民団の皆さんが、大変な地道な活動を展開しながら両国の繁栄のために大変な礎をしていただいていることをお礼申し上げます。自民党は野党になりましたが、必ず韓国との友好親善に大いに進めていくことをお誓い申し上げます」

 【浜四津敏子・公明党代表代行】

 「公明党は日韓の間で一番の問題になってまいりました参政権の問題につきまして、当初から10年来取り組ませていただいてまいりました。それは私たち日本にとって韓国は文化の大恩の国である。兄弟、お兄さん、お姉さんの関係である。公明党の議員はその思いを共通にして、力強く地道に必ずこの参政権の問題、解決してみせる。そういう覚悟で10年間取り組んでまいりました。これからもあともう少し、問題が残されているようでございますけれども、私どもは決してあきらめず、ほんのひとつ、ふたつの問題を一生懸命、真剣に解決して、本当の意味での新しい100年、新しい出発ができますよう全力を尽くしてまいります」

 「(略)本年が特別にすばらしい年になりますよう一生懸命、ご祈念してごあいさつにさせていただきます」

 【江田五月参院議長】

 「いろんな方からいろんな話があったので個人的なことだけ申し上げたいと思いますが、私の父は韓国で勉強したんですよ。戦前、私の父のところは貧乏だったんですね。小学校を出て、『三郎、もう学校はこれでおしまい』。お姉さんがソウル(旧京城)へ嫁いでまして、『三郎、おまえソウルまでひとりでくるなら次の学校に入れてあげるよ』というので、小学校出たばかりの12歳ですかね、渡っていって、ソウルまでいって、学校を卒業した。韓国にはたくさん友達がいます」

 「その血が私の娘に受け継がれまして、娘の夫が日本人なんですが、韓国でキリスト教の洗礼を受けた。韓国で結婚式をして私も参列しました。そんな関係で兄弟以上の関係だと思っております」

 「日本と韓国が仲良くなるスタートを切ったころには日本の政治もがたがたして、日韓条約反対というのもありましたけれども、私もすみのほうでわーと言っていたかもしれませんが、韓国で大きくなった父をもつ私ですから、日韓関係がこんなに良くなるのを喜ばないはずはないんで」

 「参政権の問題もどうやら今朝の新聞によるとぐっと前に出てきたようです。(参院議長である)私がどうのこうのというわけにはいきませんが、なんか調査によるとこの法案が進まないのはなぜか。いろんな人がいろんなこといっている。今議長だからそんなこと言いませんが、先ほどから聞いてますと、(新年会に出席した)どの議員の皆さんも、どの党の皆さんも、全部これをやろうということのようですから」

 「すばらしい友好関係を進め平和な東アジアを作っていこうではありませんか」

 【穀田恵二・共産党国対委員長】

 「(略)永住外国人の参政権の問題です。地方自治体の運営を永住外国人を含むすべての住民の参加によってすることは日本国憲法の保障する地方自治の原則からいって当然のことであります」

 「永住外国人を地方自治の担い手として迎えることは、わが国の民主主義の発展と成熟の観点からいって、極めて重要な課題であります。外国人住民を尊重する日本社会を築くことは日本が真の国際化を図る上で不可欠の課題でもあります」

 「私どもは1998年に投票権だけでなく被選挙権、住民投票権を含む法案を提出し、以来、皆さんとともに実現を目指してきた」

 「(略)今年こそ新しい100年のスタートとして永住外国人の地方参政権を実現するために奮闘する決意であります」

 【赤松広隆農水相(昨夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長)】

 「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になりました。今、農水大臣ですが、その前は選対委員長やっていたもんですから、全国各地で、直接皆さん方、投票いただけませんが、いろんな形でご支援をいただいた。それが308議席、政権交代につながったと確信いたしております」

 「そのときの皆さんの思いは政権交代ができれば、民主党中心の政権ができれば、必ずこの15年間、16年間取り組んできた地方参政権の問題が解決するんだ。その思いで、全国で私どもを応援していただいたんだと思っております。心から感謝申し上げます。その意味で公約を守るのは政党として議員として当たり前のことですから、この政権の中で、鳩山総理の決意のもとで、あるいは小沢幹事長、民主党の与党の強い要請のもとでこの通常国会、必ずこの法案を成立をさせ、皆さん方の期待に応えていきたいと思います」

 「やっとここまでやってきたなあ。本当にあと一歩だなあと感激でいっぱいでございます。まさにこの問題は本当に日本の民主主義がホンモノなのかどうか、本当に共生社会に向かって日本がいくのか、いかないのかが問われている課題だと思ってます。日本の国民の良識、議会の良識を信じながらその先頭に立って頑張ることをお誓いします」

 【權寧建・在外同胞財団理事長】

 「皆さんの宿願である地方参政権を獲得し、日本国民とさらに助け合い、愛され、親しまれる韓国人として韓日協力関係への架け橋となってくれることをお願い申し上げます」(以下略)

 【李時香・東京地方団長】

 「念願の地方参政権獲得が目前に迫ってきております。2010年の今年は必ず地方参政権が実現され、民団と在日同胞にとって歴史的な悲願の年となるよう祈願するとともに、本日ご臨席いただいたご来賓のみなさんのご健勝とご多幸を祈念して乾杯の音頭をとらせていただきます。乾杯(こんぺ)」

(終わり)

【関連記事】
首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず 外国人参政権
 外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏
政府・民主党が外国人参政権法案の通常国会提出を確認 国論二分へ?
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 

<踏切事故>特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森(毎日新聞)
<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
雑記帳 絵馬を同封した「合格マスク」が大人気(毎日新聞)
2010年「一番福」は大体大のスプリンター(スポーツ報知)
<掘り出しニュース>ギャンブル場専門のスリ「アブさん」御用 「おれの負け」(毎日新聞)

元理研研究員らに有罪=背任事件-東京地裁(時事通信)

 独立行政法人「理化学研究所」(埼玉県和光市、理研)をめぐる物品架空発注事件で、背任罪に問われた元主任研究員和田達夫被告(53)らの判決が12日、東京地裁であり、深野英一裁判官は「長期間繰り返された悪質な犯行で、科学技術の進歩に対する信頼を損ねた」として、和田被告に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 理化学器具開発販売会社「秋葉産業」社長の嘉藤悦男被告(76)は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)とした。
 判決によると、和田被告らは秋葉産業に研究用物品を架空発注し、2004年12月から08年6月、同社名義の口座に12回にわたって計約1100万円を振り込ませ、理研に損害を与えた。 

【関連ニュース】
来年1月14日まで意見募集=万能細胞から精子・卵子作成で
東大が「反論」、HPに=事業仕分けで危機感
富士通、振り込め詐欺防止で名古屋大と共同研究

「けんかすると仲良くなる」菅財務相が訓示(読売新聞)
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議(医療介護CBニュース)
切手セット 遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)
「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)
<前原担当相>銀座の沖縄物産展を視察(毎日新聞)

【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月13日の中央社会保険医療協議会の総会に、4月の診療報酬改定に向けたこれまでの議論の整理案を提示した。一般病棟入院基本料の入院早期の加算を引き上げるなど、入院医療の充実を図る方向を打ち出している。ただ、中医協が昨年6月に実施した医療経済実態調査の結果を踏まえて「療養病棟入院基本料」を引き下げの方向で「適正化」するほか、「一般病棟15対1入院基本料」についても「適正化」を検討する。また、2008年の前回改定で新設された「準7対1入院基本料」は、算定する病院が少ないため廃止する。

 入院以外では、前回の報酬改定で外来管理加算に導入されたいわゆる「5分要件」を廃止した上で、新たな要件を検討する方向も明記した。
 厚労省は、この日の意見を反映した整理案を15日の総会に改めて提示し、総会が同日にも「現時点の骨子案」としてまとめる。同省は、骨子案取りまとめの日から1週間の予定でパブリックコメントを募集する方針だ。

 整理案では、昨年9月から12月までに開かれた中医協・診療報酬基本問題小委員会による計15回の議論について「一応の整理」を行った上で、社会保障審議会が昨年12月に取りまとめた2010年度診療報酬改定の基本方針に沿って方向性を示した。厚労省では中医協による今後の議論で、「必要な変更が加えられる」としている。

 整理案によると、前回の報酬改定で大幅な見直しを行った「入院時医学管理加算」の位置付けを、総合的かつ専門的な救急医療を展開する病院への評価として明確化し、名称を変更する。一方で、同加算の要件が厳しく地域の救急病院が算定しにくいとの指摘があるため、これらの病院による算定を想定した「救急医療管理加算」と「乳幼児救急医療管理加算」を引き上げると共に、救急病院に入院した後に状態が落ち着いた患者への早期の転院支援に対する評価も新設する。
 手術後の患者などに高度な急性期医療を提供する「ハイケアユニット入院医療管理料」についても、点数の引き上げと要件の緩和を実施する。

 一方、産科医療の充実の観点から、「ハイリスク分娩管理加算」の評価を引き上げ、同加算と「ハイリスク妊娠管理加算」の対象に「多胎妊娠発育遅延」と「子宮内胎児」を追加する。また、ハイリスクの新生児の割合が増加しているのに合わせ、新生児集中治療室(NICU)の評価を充実し、要件を緩和。さらにNICUのハイリスク児を直接受け入れる新生児治療回復室(GCU)など、後方病床の評価も充実させる。
 このほか小児医療に関しては、「小児入院医療管理料」を再編し、小児の常勤医20人以上の配置を求める同管理料1と、5人以上を求める同管理料2の間に9人以上の配置を評価する新しい区分を設定する。

 病院勤務医の負担軽減の観点からは、前回の改定で新設した「医師事務作業補助体制加算」に、より多くの医療クラークを確保した場合の評価を設けるほか、加算自体の引き上げと要件の緩和も行う。

■10対1にも看護必要度を導入へ
 整理案によると、前回の報酬改定で7対1入院基本料に導入された「重症度・看護必要度」を、一般病棟や専門病院、特定機能病院入院基本料の10対1にも導入し、重症度や看護必要度が高い患者の受け入れを評価するための加算を新設する。
 また、一般病棟入院基本料の7対1と10対1については、看護職員の月平均夜勤時間を72時間以内にする要件だけを満たせない場合の評価を新設し、この要件をクリアできないために点数が大幅にダウンするのを防ぐ。

 医療療養病棟に関しては療養病棟入院基本料を引き下げると共に、入院患者が重症化する傾向があるため人員配置の要件を見直す。さらに、医療の質を向上する狙いで記録している患者の状態像などに関するデータの提出を要件にすることも検討する。


【関連記事】
【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目
【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論
【中医協】「中医協の権限縮小の意図が政権に」-診療側・安達委員
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議
10年度診療報酬改定の基本方針を読み解く

人生勝ち組
x2tqg0luのブログ
現金化
アフィリエイト ホームページ
現金化
プロフィール

Author:ミスターたかゆきはが
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。