スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソンに脅迫文、現金要求=カッター刃商品との関連捜査-警視庁(時事通信)

 コンビニ「ローソン」の本社(東京都品川区)に先月から今月にかけ、現金3000万円などを要求する封書が届いていたことが20日、警視庁大崎署への取材で分かった。被害届を受け、同庁捜査1課などは恐喝事件として捜査している。
 港区、新宿区、中央区のローソン4店では先月、カッターナイフの刃が刺さったパンや菓子が見つかっており、同課は関連を調べている。
 同署などによると、封書は先月下旬から今月中旬までに同社社長あてに3通届いた。消印の日付は先月22日、今月1日、14日で、都内から投函(とうかん)されていた。
 1通目と3通目は現金3000万円と1000万円を要求しており、脅迫と取れる文言もあった。文字は片仮名と漢字が交じり、ペンのような細い字で書かれていた。
 現金の受取日時は指定していたが、場所などの記述があいまいで、同社のイメージダウンを狙った可能性もあるという。 

【関連ニュース】
コンビニ商品にカッター刃=4店連続か
西部ガス狙い連続発砲か=役員親族宅にも弾痕、けが人なし
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
東京理科大に脅迫文、院生逮捕=「研究発表遅らせたかった」
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生

死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
宮崎で家畜の移動制限=口蹄疫、冷静に対応を-農水省(時事通信)
<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)
ソフトバンクがビクター買収へ(産経新聞)
金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)

学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)

 男子短大生を監禁して暴行を加えたとして、監禁致傷罪に問われた兵庫県警芦屋署地域課元巡査、富岡龍也被告(21)=懲戒免職=ら3人に対する第2回公判が16日、神戸地裁(小川弘持裁判官)で開かれた。富岡被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。初公判では認否を留保していた。

 共犯の無職、中村昂(21)と同、大森さゆり(21)両被告は、起訴内容の一部を否認した。↓ 起訴状によると、富岡被告らは、男子学生が以前、大森被告を傷つける発言をしたなどとして昨年12月、中村被告の部屋で監禁し、殴るけるなどの暴行を加え約2週間のけがをさせたとしている。

【関連記事】
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める
「顧客奪われ、白タクの売り上げ減った…」同業者を監禁し刃物で刺し金奪う
「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕
監禁12年余の人質を解放 コロンビア左翼ゲリラ
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁
外国人地方参政権問題に一石

<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
<谷垣総裁>自民再生の「産みの苦しみ」 離党者問題で(毎日新聞)
<東北新幹線>新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)

郵便不正公判 団体発起人に懲役1年6月求刑(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり、厚生労働省に偽の証明書を発行させたとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた障害者団体「凛(りん)の会」発起人、河野克史被告(69)の論告求刑公判が16日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。検察側は「厚労省元係長に働きかけるなど必要不可欠な役割を果たした」として、懲役1年6月を求刑。弁護側は執行猶予を求め、結審した。判決は5月11日に言い渡される。

 河野被告は最終意見陳述で「安易な考えで申請してはならぬものを申請して多大な迷惑をかけ、本当に反省している」と述べた。

 検察側は論告で、河野被告の公判証言について「責任回避のための不合理な弁解に終始していた」と指摘。一方、弁護側は「凛の会を発足させたのは障害者支援のためで、当初から郵便料金を不正に免れるためにでっち上げたのではない」と訴えた。

【関連記事】
郵便不正第14回公判、地検特捜部「適正な取り調べ」を強調
郵便不正「凛の会」発起人 偽証明書提出認める初公判
郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報
「凛の会」元会長が「村木被告から証明書」と証言 郵便不正事件
村木被告第3回公判詳報 郵便不正事件
外国人地方参政権問題に一石

民主、首長選で苦戦…衆院選後29勝37敗(読売新聞)
「政治家にあるまじき発言」平松大阪市長、橋下知事を批判(産経新聞)
諏訪大社の御柱祭、勇壮な「木落し」始まる(読売新聞)
「中川一郎以来の間柄」=新党参加で義雄氏(時事通信)
<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)

「孤独死」問題で介護予防の体験学習―淑徳大(医療介護CBニュース)

 誰にも看取られずに死後発見される「孤独死」の問題で、淑徳大は4月中をめどに、千葉県松戸市の常盤平団地自治会と提携して、高齢者の見守りや声掛けなど地域における介護予防の体験学習を開始する。同大は地域支援における人材教育、同自治会は地域コミュニティーの強化が目的。

 同大が1日に新設した「コミュニティ政策部」の学生を派遣し、高齢者の介護予防を含む地域活動を行う。同大は現場の実情を知る体験学習ができ、同自治体は高齢者の見守り活動やイベント活動を拡大できる。

 同市では、50歳以上の孤独死が年間110人報告されており、常盤平団地では、市内の孤独死のデータ収集や高齢者の介護予防につながるイベント開催など孤独死対策に積極的に取り組んでいる。

 同大と同自治会は9日、提携の調印式を行う。


【関連記事】
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
「異状死の原因究明を」-与党議連が設立総会
高齢化の進行見据え、高齢者の住まい整備を
高齢者医療などの対応方針で自公合意

<徳島空港>滑走路延長し改装オープン 阿波踊りで前途祝す(毎日新聞)
社民に「政権担う自覚を」 普天間問題で岡田外相(産経新聞)
残業代を有給休暇で「代替」 改正労基法施行で新制度(J-CASTニュース)
<火災>民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂(毎日新聞)
改正貸金業法 健全な借り手への配慮を(産経新聞)

自民候補推薦、撤回の意向=原中新会長が会見-日医(時事通信)

 日本医師会(日医)の会長選で新会長に選出された原中勝征氏(69)は1日午後、都内で記者会見した。原中氏は、今夏の参院選に向けて日医の政治団体である日本医師連盟が機関決定している自民党の西島英利参院議員の推薦について、「近く総会を開いて再度討議していただこうと思っている」と述べ、撤回の意向を示した。
 原中氏は「定款の中に『政権政党と一緒に医療政策をやっていく』とある。政権が代わり、ある程度対処は変わるだろう」と述べた。 

【関連ニュース】
自民候補の支援は継続=参院選の対応で

<酒気帯び運転>中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り(毎日新聞)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
週内に新党結成=与謝野氏(時事通信)
【話の肖像画】KYバンザイ!(下)医師・鎌田實(産経新聞)
車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死(読売新聞)
プロフィール

ミスターたかゆきはが

Author:ミスターたかゆきはが
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。